昔から結婚の証とされてきたもの

結婚

結婚をする時につけるもの
結婚式でカップルが左手の薬指に装着する結婚指輪。結婚指輪をつけることによって結婚をしているという証になり、見る人に既婚者であると知らせることができます。
左手の薬指に結婚指輪をつけてお披露目をする人も多いでしょう。
自分の好きなブランドの結婚指輪を選んで購入して特別な結婚指輪を手に入れることができます。

指輪をつける歴史は古い
結婚指輪をつけることで家庭を持った証になるのですが、結婚指輪を初めてつけたのは古代ローマ時代からで、昔から結婚の際に指輪をつけていました。
当時、ローマ教皇が約束のしるしとして指輪を使ったことから結婚式に指輪をつけることが一般的になり、結婚式の際に指輪を着用することが一般的になりました。
日本では50年ほど前から普及しているので指輪をつける習慣としてはまだまだ新しいのですが、近年は指輪をつけることが当たり前になり、結婚イコール指輪と考える人が多くなっています。

なぜ指輪を交換するのか
結婚式の際に指輪をつけることが当たり前になっている現代ですが、なぜ指輪を交換しなければいけないのか理解している人は少ないです。
結婚式の際に新郎と新婦が行う指輪の交換ですが、指輪の交換を行うことによって夫婦がお互いに助けあいながら共に生きていく誓いをするために行われる儀式です。
ただやらなければいけないから行うのではなく、なぜ交換をするのかきちんと理解しなければいけません。

指輪が丸い理由
きれいで美しい結婚指輪はブランドによってデザインが異なり、自分の好きな指輪を選んで購入することができます。自分の好きなブランドや他のブランドを比較しながら特別な一品を選んで購入しましょう。
結婚指輪は基本的に丸い形をしているのが一般的です。指輪が丸いのは、特別な理由があります。
丸い形をした指輪はお互いの愛を永遠のものにすることができるという象徴があるもので、パートナーとの結びつきを強めて愛が永遠に続くように願いが込められています。

オススメリンク

花嫁

サイズを選んで購入する

ブランドによって異なる魅力がある結婚指輪ですが、指輪を選ぶ時…Read more
シャンデリア

予算に合わせて選ぶ

結婚式の際に欠かせないのが結婚指輪です。結婚指輪を購入する時…Read more
青い花

好きなデザインの指輪を選ぶ

結婚指輪を購入して、結婚式で新婦の元お互いに指輪の交換を行う…Read more
指輪

指輪をつける時に大切なこと

好きなブランドの結婚指輪を選んで購入し、結婚式当日に結婚指輪…Read more

関連リンク